齋藤一徳の自転車通勤のススメ

齋藤一徳オススメ「マウンテンバイク」

 

齋藤一徳

 

 

【マウンテンバイク】とは何か?
マウンテンバイクとは荒野、山岳地帯等での高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車のことである。
そのため通勤時や山道どちらも対応することができるといえるだろう。

 

もっと詳しく知るために【マウンテンバイク】の特徴を紹介しよう。
まずは《フラットハンドル・ライザーバー》がついているということだ。
マウンテンバイクには悪路でフラつきバタつく車体を制御するために操作性を重視した一文字型のハンドルが採用されている。そして下りを意識したモデルではさらに安定性を重視するため、かなり幅の広いタイプのフラットバーやライザーバーと呼ばれるハンドルが装備されることが特徴だ。

 

そして【大きくてゴツいブロックタイヤ】も特徴だ。
砂利道、地面から露出した無数の木の根、ゴロゴロと転がる小さめの岩、滑りやすい土や落ち葉の上を走行するため、グリップ力、安定性、クッション性、剛性などが重視されている。そのためタイヤも大きくてゴツゴツしたタイヤになるのだ。

 

【ギアが大きく変えられる】ことも特徴だ。

 

マウンテンバイクは安定して走行できるのでオススメだ。